Brillia Art
Brillia Art Award

ARCHIVEこれまでの作品

No.16 
Brillia Art Award 2022作品・アーティスト紹介

TITLE:
Hopeful Monster
CONCEPT:
あなたの日常風景の中に潜む違和感に生命を与えると、それはどのような姿になるでしょうか?
恐怖や不安といった強い感情は儚く無形であり、向き合うことも抽象化することも、そして最終的には克服することも難しい。
そこで日本人は、不確実な現象を妖怪として具現化して表現し、コミュニティの中で共通概念として共有する方法を開発しました。
このプロジェクトは‘妖怪’のテーマを現代にアップデートし、神話や民族学的な観点から社会の中潜む違和感を考察したパフォーマンス・インスタレーションのシリーズです。
パフォーマーの身体の座標軸の傾きが加速度センサーと連動し、象徴化された“妖怪”が動き出し、変化します。
ドナ・ハラウェイは「サイボーグ宣言」(1990年)の中で、「機械と生物の混合体としての人間」を提唱しました。”サイボーグとは社会のリアリティと同時にフィクションを生き抜く生き物である。私たちの時代、神話的な時代、私たちはすべてキメラであり、捏造されたハイブリッドである”
現代のアイデンティティ、社会における性別の役割に対する不安をインスピレーションとしたこの作品の造形は、ギリシャ神話の中で異なる生命体に変身させられた女性の物語に由来しています。人々は、なぜ”畏れ”から、妖怪を生み出してきたのか。また、具現され共有化された妖怪は、現実を生きる人々にどのような影響を与えてきたのか。サイボーグとして現代に甦らせた‘妖怪‘を身に纏い、フィクションとリアリティを自身の身体を通して融合させることにより、その答えを探っていきます。

ARTIST PROFILE

高島 マキコ/ Makiko Takashima

アートにおける身体性を探求するメディアパフォーマンスアーティスト。プロダンサーとして活動後、身体と空間の関わりを探究するために渡英。時代に漂う不穏感・内在化された社会問題をコアに取り込み、テクノロジーを使って自らの身体性を通して問いかける。デザイナー、エンジニア、建築家、研究者など世界各地で様々な分野の人々と協働し、立体・インタラクティブアート・ワークショップ・平面・ 映像などを制作する。

Royal College of Art, MA Information Experience Design 首席卒
Goldsmiths University of London, Design&Philosophy 
ロンドン芸術大学Central Saint Martins, Performance art

AWARD
Nagoya Culture Foundation award 2022
Brillia Art Award by Tokyo Tatemono  2022
President’s  Special Prize Sanwa Art Award 2022  
1st Prize London Battersea Park Annual Sculpture 2017 
Rotary International Global Grant scholarship 2016 

EXHIBITION
Brillia Art Award,Tokyo Tatemono Brillia Lounge ‘THE GALLERY “ 2022
Osaka kansai international art fair, Osaka 2022
SPIRAL SCIF, Tokyo 2021
Any tokyo, Kudanhouse, Tokyo 2019 
Open sense festival, London 2018
Battersea park Public sculpture, London 2017
Victoria and Albert Museum, London 2017 
Science fiction Piccadilly circus, London 2017  他

ARTIST VOICE

Q:応募のきっかけは?
A:立体やインスタレーションを長期的に展示できる機会を国内で探していたところ、ガラス貼りの半屋外で、時間帯や季節によって展示環境や表情の変わる空間の面白さに惹かれて応募しました。展示機会を頂き感謝しております。

Q:どうやって企画を考えたのですか?
A:原体験をコアとして思想の歴史的背景、文脈を文学・歴史・心理学・哲学・科学などを通して調べました。そして関連する専門家からのインタビューやワークショップを通して思考を結晶化し、そこから展開し表現できるメディアやマテリアルを選択するというアプローチを取りました。

Q:作品に込めた想いを教えてください。
A:”Hopeful Monster” は数年前にイギリスで制作した” Yokai-Monster”のテーマをアップデートし、不条理・畏れの集合的無意識を考察したパフォーマンスインスタレーションです。
大学では哲学・社会学を勉強していた為、私の作品は個の集合意識を民俗学的神話のモチーフへと昇華させたり、社会的な視点、詩的な発想をテクノロジーや身体性を使い還元する表現を特徴とします。この作品は、生活の中で感じた違和感を、加速度センサといった装置により、装着可能な「サイボーグ」として、現実世界の中に実体化しました。
思想・社会・経済・人間的なものが交差する中で、固有のアイデンディティを取り入れて進化する、そんな作品が今後も作っていけたらと考えています。

Q:実際に作品を完成させた感想をお聞かせください。
A:東京の空の下では温度・湿度・光が違い作品の印象も変わるために、前回の作品から造形の色や形も発展させました。その効果が表せられていたら良いと思います。夜になると、Monsterがゲージの中から抜け出し、東京の街を徘徊する。。そんなパフォーマンスもできたらと思っています。
PAGE TOP